キャリアアップへの道

感染管理認定看護師 平田 裕子

感染管理認定看護師は、院内の感染対策チームに所属し、来院者や職員を感染症から 守ることを使命として様々な職種と協働しています。
院内ラウンドや予防策の実践指導、医療関連感染の早期察知と対策、研修の開催や 感染対策に関する相談業務を主に活動しています。
金沢病院グループの事業所とも連携し、認定看護師として更なるキャリアアップに つながる絶好の環境で活躍しています。

周術期管理チーム 金丸 恵子

周術期管理チームは、日本麻酔科学会が認定する資格で、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、歯科医師、理学療法士、栄養士などの他職種の人々がお互いの専門性を活かしながら情報共有して、チームとして患者さんを支援するシステムです。
そのなかで看護師は、麻酔に関する基礎的な知識を持ち、手術予定患者への麻酔の説明や病歴の聴取、術前評価などの術前診察業務や麻酔の準備、そして麻酔中の麻酔診療の補助や麻酔後のケアなどが主な役割となります。
患者さんとご家族にとって、手術が決定した瞬間から、入院前の準備を経て入院し、手術侵襲から回復までの経過をたどることは、自身の経験を通し、とても大変なことだと実感しています。
患者さんが安全で、かつ安心して手術を受け回復していくために、今回取得した資格を活かし、役割を果たしていきたいと思います。

糖尿病療養士 山崎 亜依

外来は、糖尿病患者さんにとって生活に近い場所なのではと思っており、通院は生活の一部になってほしいと感じています。看護師として、少しでも地域の患者さんの生活に寄り添い、一緒に問題を解決したり、病院をより身近なものに感じていただけたらと思い、糖尿病療養指導士の資格を取得しました。糖尿病療養指導士として、入院患者さんおよび外来患者さんへの糖尿病教室やフットケア外来などを担当しています。
また当院には、管理栄養士や検査技師にも糖尿病療養指導士がおり、一緒に糖尿病教室の計画を立てたり、様々な相談や情報交換を行っています。

内視鏡技師免許 工藤 奈々子

近年、内視鏡機器・技術の進歩により、診断のみならず治療の領域でも内視鏡の重要性は増しています。消化器内視鏡技師免許は内視鏡検査の介助を行うにあたって必ずしも必要な資格ではありませんが、資格を取得するための講習、学習は内視鏡業務に携わるために必要な知識ばかりでした。
安全、安心、安楽な検査・治療を提供するために、安全管理・危機管理を行う必要があります。わたしが技師免許を取得したのは、その役割を果たすために知識、技術をもちたいと思ったからです。

LINE友だち追加

看護学生の就職はおまかせ 文化放送ナースナビ